ルイヴィトングラフィットジッピーオーガナイザー

見に行く

同類の製品の中でランキング第

製品の得点

  • 4.1
    製品評価
  • +
  • +
  • +
  • アマゾン 5.0分
    宝の街に 5.0分
製品の得点参考社以上の専門サイトと干し宝街の売上データ統計成約

全網言い伝え

私はコメント
  • て源のは宝の街に
    null「近所の人たちが、お|前《め》のことを奥さんって呼んだと。」 「……それが、どうしたって?」 「山にいればただの百姓の嫁っこでも、町へくれば奥さんだと。」  途端に、伸子は口を押えてくすっと笑って、 「気の毒に。」 「なんだって?」と一枝。 「なんでもないす。姉さんの気持、わかるわ、おらにも。おらだって|女子《おなご》だもんね。」 「ちょいと、あんた。おらが、あんたが奥さんなんて呼ばれてることを|羨《うらや》ましがっているとでも思ったら、大間違いだよ。そんなこと、誰が羨ましいなんて思うもんか。女が年頃になって、嫁にいって、なにもかも男の世話になるのは、女にとって一番簡単なことじゃないの。馬鹿にだってちょんにだって、なんの苦もなくできることじゃないのさ。」 「馬鹿だって?」 「おらにだってな、その気になればできたんだよ。ただその気になれさえしたら……。だども、おらはな、あんたみたいな仕合わせな娘じゃなかったから、十六の年から村を出てしまわなきゃならなかったんだ。おらはまるで売られるみてえに……牛や馬が売られるみてえにして町へきたんだよ、中学を出るとすぐに。それからはもう、ただ馬車馬みてえに働いて、働いた金はそっくり村の家に送ってさ、気がついてみたら、いつのまにかこんな齢になっちゃってて……おらは父ちゃんや母ちゃんのために若いさかりを棒に振っちまったようなもんさ。」 「そんじゃ、訊くけどな、姉ちゃん。」 「あんた!」 「黙ってろ。姉ちゃんはこれまでに、婆ちゃんのためになにをしてやった? 父ちゃんや母ちゃんにはいろいろしてやったかもしれねえが、婆ちゃんにはなにをしてやった? おらたちに、口先だけでも、婆ちゃんを引き取ってやるかなんて、ただの一遍でもいうたことがあるか? そういわねえまでも、せめて御苦労さんとかなんとか、言葉をかけてくれたことがあるか? まるで自分が関わり合いになりたくねえみたいに、知らん顔ばっかりしてたじゃねえか。……姉ちゃんには、年寄りと一緒に暮らして面倒みるってことが、どんなに苦労なことかわからねえんだよ。」 「わかってるよ、そんなことぐらい。わかってるから、いまの自分にゃ無理なことだと|諦《あきら》めて、余計な口出しは控えてるじゃないか。」 「そんなら、おらたちを変な目つきでみるのは、やめるこった! おらたちだって、できるだけのことは……。」  そのとき、一と筋のサイレンが街道の方に高まってくるのに気がつき、作造は口を噤む。外で男がなにやら叫ぶのがきこえる。 「パトカーか?」と作造。 「救急車じゃないのかい?」と一枝。
    2015-02-07 14:21
    ŗ 評論 0
発祥地|ルイヴィトングラフィットジッピーオーガナイザー
成立時間|
公式サイト|
ブランド紹介|ルイヴィトングラフィットジッピーオーガナイザー包郵_ジッピーウォレットヴェルティカル口コミ ルイヴィトングラフィットジッピーオーガナイザーブランド大全 実用的なルイヴィトングラフィットジッピーオーガナイザー 电风扇